グローバル人材育成トレーナー養成講座

旧称 グローバル人材育成指導者養成講座

​受講生の声

 AMEAのグローバル人材育成トレーナー養成講座では、グローバル化が進んでいる日本で、主体的に物事を考え、自分とは異なる価値観を持つ人たちと、ぶつかり合い、競争し合い、切磋琢磨しながら、相互理解、価値観の共有ができる、社会貢献意識を持った人材を育てるためのトレーナーを養成いたします。

 ちなみに、グローバル人材育成指導者養成講座を修了後、指導する対象になるのは、日本の未来を担う、中学生、高校生、大学生、専門学生、そして、すでに企業に勤務しているビジネスパーソンなどです。

 文科省は、著しく変化している世界状況の中で、日本のグローバル化を推進す流ために、産学(産業界と大学などの研究・教育機関)と提携し、グローバル人材育成推進事業を発足させています。その中で、グローバル人材を、「世界的な競争と共生が進む現代社会において、日本人としてのアイデンティティーを持ちながら、広い視野に立って培われる教養と専門性、異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するためのコミュニケーション能力と協調性、新しい価値を想像する能力、次世代までも視野に入れた社会貢献の意識を持った人間」と定義付けています。

 この文科省の定義にもあるように、本来あるべきグローバル人材とは、決して英語を話せるだけの人材ではなく、地球規模の思考力、判断力、行動力のある人材のことを指します。

 しかし、日本お現状を見てみますと、グローバル人材を育成するために、まず英語力に焦点を当て、それから欧米社会に順応できる人材を育成することに特化している傾向があります。そのために、文科省が定義している、「異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するためのコミュニケーション能力と協調性」のみに力を注ぎ、「日本人としてのアイデンティティー」、「広い視野に立って培われる教養と専門性」、「新しい価値を創造する能力」、「次世代までも視野に入れた社会貢献の意識」などが軽視されています。

 実際に、急速にグローバル化が進み、新しいビジネスモデルの創出が求められる中で、年功序列や終身雇用、企業による人材開発をベースとして旧来型の日本企業のモデルは立ち行かなくなってきています。また、ビジネスパーソン個人も専門的な知識やギジュとを身につけ、自らの力でキャリアを積んでいかなければ生き残れない時代となってきています。文科省が進める企業のグローバル化を履き違えてしまっている企業が多いために、それがかえって日本企業に多大な負担をかけ、システムそのものにも支障が出てきているという問題が浮かび上がってきているのです。

このような現状を見据え、AMEAのグローバル人材育成トレーナー養成講座では、地球規模で物事を考え、判断し、行動できる人材、社会に必要なグローバル人材を育成することができるトレーナーを養成しています。

    受講資格:5年以上の社会経験がある40歳以上の男女

​    受講期間:3ヶ月

    受講方法:通信+スクーリング

        (テキスト、フォローアップ動画とSkype/Messanger/Facetimeなどによるスクーリング) 

    受講料:32万4000円(税込)

    受講内容:真のグローバル人材とは、心の働き、心の成長と発達、脳の仕組み、ライフコースの5つの原則、

         グローバル人材になるために必要な能力、モチベーション理論、リーダーシップ理論、

         グローバル人材育成に必要な経営常識と必要な経営戦略、人と組織を生かす経営組織、

         コアコンピタンス経営、グローバル人材育成のゆくえ、企業研修の現状、企業における人材育成の現状、

         教育技法、教育設計開発概念、日本型サステイナブル企業、研修計画作成、コンサルティングの仕方、

         能率的かつ効果的なAMEA式グローバル人材育成指導法など

© 1978-2018 Yoko McMahon / Amea生涯学習アカデミー